AGA治療に保険が適用されない理由

投稿者: | 2017年7月9日

AGAが保険を使うことができる疾患に含まれず自費診療になってしまう理由は、簡単に言えば生命や生活を脅かすようなことがない症状だからです。

健康保険はいざという時にわずかな自己負担で治療を受けられる便利なシステムですが、自己負担が少なくなる分に国民の税金が投入されるため「税金を使ってまで治療しなければならない疾患なのか?」という問題が出てきます。

人間の生命や健康的な生活を脅かすような病気、疾患であれば仕方がないとして、そうではない症状の治療に自分の税金が使われるとなると国民感情的に納得が得られないので、そのような疾患については国が保険適用を認めていないのです。

「美しくなりたい」などの要望に応じる美容医療分野で取り扱う症状は生命や健康を脅かすことはないのでそもそも保険の適用にならず、そのため医療機関としては保険が使える一般医院などであってもAGAの治療には保険を使うことができないということになります。

参考サイト:AGA(薄毛)治療に保険は適応される?

カテゴリー: AGA